大野城(福岡県)

大野城(おおのじょう/おおののき)は、福岡県の大宰府政庁跡の北側背後に聳える、標高410メートルの四王寺山(大城山)に築かれた、日本の古代山城(朝鮮式山城)である。白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗した後、大和朝廷が倭(日本)の防衛のために築いた。

 Wikipedia

大野城訪問記

2018年2月19日訪問

北九州マラソンの翌日、福岡城、大野城、大宰府跡を訪問。

大野城跡は広過ぎてほんの一部分だけを歩いた。

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

 

●大野城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

大野城周辺の地形を調べてみる

●地理院地図 地形図+色別標高図