多賀城(宮城県)

多賀城は、現在の宮城県多賀城市にあった日本の古代城柵。奈良時代から平安時代に陸奥国府や鎮守府が置かれ、11世紀中頃までの東北地方の政治・文化・軍事の中心地であった。 Wikipedia

宮城県多賀城跡調査研究所 ※駐車場からトイレまで散策に必要な情報が満載

多賀城訪問記

2017年4月23日

100名城スタンプをもらいに2度目の訪問。

国府多賀城駅→多賀城廃寺跡→多賀城跡→陸奥総社宮。

2014年6月6日訪問

この日は、仙台城址から多賀城跡、鹽竈神社、陸奥国分寺跡と、宮城県の史跡を駆け足で訪問。

ちょっと写真がさえない・・・

2017年4月23日撮影
2017年4月23日撮影

 

●フォトギャラリー  2017.04.23 ※クリックで拡大

 

●フォトギャラリー  2014.06.06 ※クリックで拡大

 

●多賀城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

多賀城周辺の地形を調べてみる

お城地形区分は「丘陵地先端」

●地理院地図 土地条件図(数値地図)

 

●地理院地図 地形図+色別標高図

 

●旧版地形図(明治40年測図) ※時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」

国府多賀城駅北東の浮島地区や、西南の城南地区は低地だったところが宅地造成されたようだ。