長篠城(愛知県)

長篠城(ながしのじょう)は、三河設楽郡長篠(愛知県新城市長篠)にあった日本の城。特に天正3年(1575年)の長篠の戦いに先立つ長篠城をめぐる激しい攻防戦で知られる。

永正5年(1508年)今川氏親に誼を通じた菅沼元成が築城したのが始まり。元成と、その子孫・長篠菅沼氏が居城とした。

天正4年(1576年)前年の長篠城の攻防戦で城が大きく損壊したこともあり、奥平信昌は新城城を築城し、長篠城は廃城となった。

 Wikipedia

長篠城訪問記

2017年11月17日訪問

長篠城→設楽原→砥鹿神社→三河国分尼寺跡→はままつフラワーパーク

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

↓設楽原決戦場の馬防柵

 

●長篠城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

長篠城周辺の地形を調べてみる

●国土調査 地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図