七尾城(石川県)

七尾城は、七尾畠山氏の初代当主が正長年間(1428年~1429年)頃にこの地に築いたのが始まりと思われ、その後増築されていった。

1576年(天正4年)に能登国に侵攻した上杉謙信に包囲され、翌年9月13日に開城された(七尾城の戦い)。

のちに織田氏によって領され、前田利家が入るが、既に山城の時代ではなく、拠点を小丸山城に移したため、1589年(天正17年)廃城となった。

 Wikipedia

七尾城訪問記

2017年7月3日訪問

能登島ハーフマラソン参加の翌日に訪問

この日は、七尾城史資料館(休館日だがスタンプは玄関脇に置いてある)→七尾城跡→松本城

2013年7月2日訪問

能登島ハーフマラソン前日に訪ねるも、大雨のため七尾城跡入口で断念。城山展望台からも何も見えなかった。。

2017年7月3日撮影 調度丸から遊佐屋敷跡、本丸へと続く石段と石垣
2017年7月3日撮影 調度丸から遊佐屋敷跡、本丸へと続く石段と石垣
2017年7月3日撮影 本丸跡
2017年7月3日撮影 本丸跡
2013年7月6日撮影 雨の七尾城跡入口
2013年7月6日撮影 雨の七尾城跡入口

 

●フォトギャラリー  2017.07.03 ※クリックで拡大

●フォトギャラリー  2013.07.06 ※クリックで拡大

城山展望台 何も見えず。。

 

●七尾城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

七尾城周辺の地形を調べてみる

●国土調査 地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図

地名に時代の名残があって興味深い。

古府町(ふるこまちと読む)、上古府、古城町、国分町、本府中町・・・

 

●地理院地図 都市圏活断層図