甲府城(山梨県)

甲府城(こうふじょう)は、山梨県甲府市にあった日本の城である。別名、舞鶴城(まいづる(ぶかく) じょう)。

甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町が整備された。

豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となった。天守台はあるが天守が建てられていたかは不明である。

 Wikipedia

甲府城訪問記

2018年7月15日訪問

日帰りで山梨県史跡巡り。この日甲府市の最高気温37.3度!

国分寺跡周辺→浅間神社(一の宮)→要害山城(続100名城)→武田氏館(100名城)→甲府城(100名城)

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

 

●甲府城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

甲府城周辺の地形を調べてみる

 ●地理院地図 治水地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図