金山城(群馬県)

金山城は、1469年 新田一族であった岩松家純によって築城され、以降、由良氏、北条氏と主は変わった。1590年 豊臣秀吉の小田原征伐の際攻撃を受けて落城、こののち廃城となった。

 Wikipedia

金山城訪問記

2017年5月19日訪問

栃木県、群馬県史跡巡りの初日。

佐野藩陣屋跡→金山城跡→足利学校、足利氏館、足利藩陣屋跡→日光東照宮→中禅寺湖泊

 

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

 

●金山城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

金山城周辺の地形を調べてみる

 

●国土調査 地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図

 

●旧版地形図との比較 今昔マップon the web((C)谷 謙二)

左は明治後期の地図。まだ東武線が通っていない。

※画像クリックで拡大  ↓下の地図へリンク