箕輪城(群馬県)

箕輪城は、1512年 戦国時代中期、当地を支配する長野氏によって築かれた。その後攻防の場となり、1582年 北条氏の支配となった。1590年 豊臣秀吉の小田原征伐の際に箕輪城は開城、この年、徳川家康が関東に入封し、12万石をもって井伊直政に与えられた。直政は箕輪城を近代城郭に改造したが、1598年 高崎城に移封され、それに伴って箕輪城は廃城となった。

 Wikipedia

箕輪城訪問記

2017年5月20日訪問

栃木県、群馬県史跡巡りの二日め。

華厳の滝→戦場ヶ原→吹割の滝→沼田城跡→箕輪城跡→無事帰宅

 

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

 

●箕輪城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます)

箕輪城周辺の地形を調べてみる

 

●国土調査 地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図