因幡国 鳥取藩

戊辰戦争時の鳥取藩について

鳥取藩:外様 32.5万石 Wikipedia

居城:鳥取県鳥取市 鳥取城 Wikipedia

城郭構造:梯郭式平山城および山城

開戦時藩主:池田慶徳 ←水戸藩主・徳川斉昭の5男、徳川慶喜の異母兄

藩主家の変遷:関ヶ原の戦いの後、池田恒興の三男(輝政の弟)の長吉が6万石で入封し、鳥取藩が立藩→元和元年(1615年)、播磨国姫路藩より、輝政の子・池田利隆の嫡男で池田宗家にあたる池田光政が32万石を与えられて入封→寛永9年(1632年)、備前国岡山藩主・池田忠雄(利隆の弟)が死去し、その嫡男で光政の従兄弟にあたる池田光仲が家督を継ぐと、幼少であることを理由に鳥取藩へ移封され、代わって光政が岡山へ入った。これ以後、池田氏の分家筋が因幡・伯耆国32万5,000石を治める

戊辰戦争への対応:鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争では官軍方につき、志願農兵隊山国隊などを率いて転戦した。賞典禄3万石。

 

鳥取藩訪問記

2015年5月3日訪問

 

●フォトギャラリー  ※クリックで拡大

 

●鳥取城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可取得)

鳥取城周辺の地形を調べてみる

お城(本丸)地形区分は「山地・丘陵地」

鳥取の歴史、地理、町並みについてはこちらのHPがかなり詳しい まちあるきの考古学

 

●地理院地図 治水地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図