備中国 松山藩

戊辰戦争時の備中松山藩について

備中松山藩:譜代 5万石 Wikipedia

居城:岡山県高梁市 松山城 Wikipedia

城郭構造:連郭式山城

開戦時藩主:板倉勝静(かつきよ:幕末の江戸幕府老中)

藩主家の変遷:小堀家→池田家→水谷家→安藤家→石川家→延享元年(1744年)伊勢国亀山藩より板倉勝澄が5万石で入封する。以後、明治まで板倉氏の所領となった。

戊辰戦争への対応:勝静が幕府の要職にあったことから、鳥羽・伏見の戦いから1週間後には松山藩追討令が朝廷から出され、岡山藩の軍勢が藩主不在の松山城などを接収した。京都にいた勝静は徳川慶喜に従って江戸へ向かい、以後の戊辰戦争では旧幕府方に身を置いて、奥羽列藩同盟の参謀を務めた後箱館まで転戦した。戦後処分は5万石から2万石に減封。

 

備中松山藩訪問記

2017年11月11日

岡山マラソンの前日にレンタカーで、津山城→美作国総社・国府跡→備中松山城→鬼ノ城を訪問。かなり忙しい行程だった。

2011年7月10日訪問

出張の翌日、岡山誕生寺、津山城、備中松山城、備中高松城、吉備津神社を訪問。

2017年11月11日撮影
2017年11月11日撮影
2017年11月11日撮影 ここの石垣はすごい!
2017年11月11日撮影 ここの石垣はすごい!
2011年7月10日撮影
2011年7月10日撮影

 

●フォトギャラリー 2017.11.11 ※クリックで拡大

 

●フォトギャラリー 2011.07.10 ※クリックで拡大

 

●備中松山城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可いただいてます

備中松山城周辺の地形を調べてみる

お城地形区分は「山地・丘陵地」

備中松山(高梁)の歴史、地理、町並みについてはこちらのHPがかなり詳しい まちあるきの考古学

●国土調査 地形分類図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図