備前国 岡山藩

戊辰戦争時の岡山藩について

岡山藩:外様 31.5万石 Wikipedia

居城:岡山県岡山市 岡山城(烏城とも) Wikipedia

城郭構造:梯郭式平山城

開戦時藩主:池田茂政(いけだもちまさ 当時28歳) ←15代将軍徳川慶喜の実弟

藩主家の変遷:慶長8年(1603年)、姫路藩主・池田輝政の次男・忠継が28万石で岡山に入封して、江戸期の大名である池田家の治世が始まる。寛永9年(1632年)、池田光政が鳥取より31万5000石で岡山に入封し、以後光政の家系(池田家宗家)が明治まで治めた。

戊辰戦争への対応:慶応4年(1868年)3月15日、茂政は徳川追討に難色を示し病気を理由に隠居して、備中鴨方藩主池田政詮(後に章政)に相続させた。章政は積極的に新政府軍に参加。備中松山藩・姫路藩の追討はじめ、関東、東北、箱舘戦へ出軍して活躍した。戊辰軍功賞典2万石、箱舘軍功賞典1万石。

 

岡山藩訪問記

2017年11月13日

岡山マラソンの翌日、後楽園、岡山城、福山城を訪問。

2015年2月4日

出張の夕刻、急いでお城周辺を散策。

2011年7月10日

出張岡山泊の朝、ジョギングで城周辺を巡る。

2008年5月7日

岡山空港から五泊の四国旅行へ行き、帰りに立ち寄り。岡山には何度も行っているけど初の岡山城(後楽園も)。

2017年11月13日撮影
2017年11月13日撮影
2017年11月13日撮影
2017年11月13日撮影
2015年2月4日撮影
2015年2月4日撮影
2011年7月10日撮影
2011年7月10日撮影
2008年5月7日撮影
2008年5月7日撮影

 

●フォトギャラリー 2017.11.13  ※クリックで拡大

 

●フォトギャラリー 2015.02.04  ※クリックで拡大

 

●フォトギャラリー 2011.07.10  ※クリックで拡大

 

●岡山城縄張り図

余湖さんのホームページよりお城情報満載のHP。図の掲載許可取得

 

●岡山城周辺の古地図(弘化2年1845年頃)が下記サイトで閲覧できます

タイトル:岡山之図(KM110/3)

岡山県立図書館 デジタル岡山大百科 絵図・古地図 →リンク

岡山城周辺の地形を調べてみる

土地条件図では「切土地」、治水地形分類図では「高い盛土地」となっている。ということは小さな丘だったところを改変してさらに高く盛土して築城したのではないだろうか。

旭川の流れが急カーブになっているのは、城の堀にするため流路を変えたとか。

お城地形区分は「孤立丘陵・川沿い」

 

●地理院地図 土地条件図

 

●地理院地図 地形図+色別標高図

 

●旧版地形図との比較 今昔マップon the web((C)谷 謙二)

左の地図は明治28年測図。山陽鉄道岡山駅は、市街地の西の外れに作られている。

※画像クリックで拡大  ↓下の地図へリンク

 

●地理院地図 治水地形分類図

 

●国土調査 地形分類図

 

●J-Shis Map 微地形区分

丘陵のメッシュがずれている?
丘陵のメッシュがずれている?

 

●シームレス地質図

後期更新世-完新世の海成または非海成堆積岩類
後期更新世-完新世の海成または非海成堆積岩類

 

G-Banz 標高グラフ